新着情報NEWS

お知らせ

2019.03.23

宮城県女川町震災復興事業 記念碑除幕式

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う津波によって

被災した女川町。

震災復興事業である中心市街地222ha、離半島部14地区55haの様々な造成工事において、

町が計画する女川駅周辺の町づくりに合わせて、

当社も2015年より復旧事業に関わり施工しました。

 

 

 

新しいまちのシンボル、JR女川駅です。

 

新駅舎と温泉温浴施設ゆぽっぽが一体となった施設で、

ウミネコが羽ばたく様子をイメージした曲線を描く大屋根が特徴です。

以前より200m内陸側へ移動、7~9m嵩上げされたところに建設されました。

鉄骨3階建、一部木造(屋根)延床面積899.51m2 高さ14.14m

 

「女川駅前レンガみち周辺地区」は、平成30年度 土地景観大賞の都市空間部門で国土交通大臣賞を受賞しています。

 

 

 

 

木造の大屋根が特徴的なテナント型商店街「シーパルピア女川」

(女川駅から女川湾に向かって撮影)

ミニスーパーや小売店、女川の味を堪能できる飲食店などが出店しています。

 

 

 

 

 

 

 

復興事業記念石碑

 

 

 

 

 

 

 

施工に携わった関係者の皆様、おつかれさまでした。

戻る
国土交通大臣許可 (特・般ー28)第2813号 (特・般ー28)第2813号